プロデュース PRODUCE

コンサート

  フォーク・ジャズ・ポップス・クラシック・古典芸能と、ジャンルを問わず様々なコンサートを手掛けさせていただいています。
また、その活動の場は国内にとどまらず、広く海外にまで及んでいます。
グラミー賞にたびたびノミネートされているシンセサイザーの第一人者である冨田勲さん、人間国宝の尺八の山口五郎さん、世界中で活躍されている和太鼓の鼓童やDJのケン・イシイさん。
海外からは、元イエスのリック・ウェイクマン、ディオンヌ・ワーウィック、マンハッタン・トランスファー、レイ・チャールズなどの皆さんのプロデュースをさせていただきました。

音楽・映像・番組制作

  音楽イベントプロデュースで培ったソフトのノウハウと、最新のハードウェアの知識を生かして音楽・映像・番組制作も多く手がけています。
「ル・マン24時間耐久レース」のブームのきっかけとなったテレビ朝日の中継番組の企画・立案をはじめCD・LP・レーザーディスク・カセットテープなど数多くの作品にかかわってきました。

サウンドデザイン

  最新のサウンドシステムを提供するSR(Sound Reinforcement)会社として長年多くの現場で培ってきたノウハウを元に、ユーザーが求める「音」を数多く設計および施工を行ってきました。
SR部門は2001年にチーフオペレーター達がクライアント及び機材をそのまま引き継ぐ形で独立し、現在も多方面で活躍しています。
SR部門では、日本人アーチストのほとんどの方々のステージをお手伝いさせていただきましたが、ハービー・ハンコック、チック・コリア、マイルス・ディビス、ソニー・ロリンズ、キース・ジャレット、ナンシー・ウィルソン、をはじめとする世界を代表するトップ・アーチストたちのコンサートも担当させていただきました。

博覧会

  斬新なクリエイティビティと最先端の演出手法の開発が要求される博覧会はまさにマクランサの本領を発揮できる場所です。
ポートピアでは手がけたダイエー館とサントリー館が人気1番・2番館となったため、以降多くの博覧会を担当させていただくことになりました。

バレーボール ・ ビーチバレー

  子供から大人まで全国的に根強い人気のあるバレーボール。
最近注目のビーチバレーとともにその開催にかかわっています。

モータースポーツ

  レースだけでなく関連した多くのイベントやデモンストレーションをプロデュースしました。
特にルマン24時間レースに関しては、現在の日本における認知度を定着させたのは、私たちの成果によることは間違いありません。
23年の長きに渡って中継されたテレビ番組の企画立案や、年間250ページ以上の雑誌におけるプロモーションの実施、CDやビデオなどの様々な作品の制作、ミニカーをはじめとする様々なマーチャンダイズの展開やルマンフェアの開催、そして日本から参加した童夢やマッチ、トヨタチームなどへのスポンサー提供や現地とのコーディネーションなど多岐にわたる活動を続けています。
また、モータースポーツの世界で最大級のスポンサーであるマールボロの国内イベントのすべてを手掛け、今では一般的となった二元中継や、タイヤ交換ゲーム、モーションライド等を世界で最初に企画・実施しました。

ファッションショー

  日本で最初にファッションショー専用のスピーカーシステムを開発するなどハード及びソフトの
両面から常に斬新なファッションショーの制作を心がけています。
日本国内にとどまらず、ロンドンやクイーンエリザベス号上でのファッションショーなどを、
機材レンタルからプロデュースまで様々な形で手がけてきました。

イベント・その他

  小さなイベントから大規模なイベントまで様々な分野でも余すことなくそのノウハウを提供しています。